オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
September 2014
M T W T F S S
« Jul    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
歯

歯列矯正も人気の高い治療です。
歯並びが悪いと見た目が気になるほか、噛み合わせが悪くなったり肩こりや頭痛の原因となることがあります。
矯正というと子どものうちにするイメージですが、大人になってから矯正することもできます。
外から見えないように歯の裏側に装着するものや歯の色と同化して目立ちにくいもの、自分でつけはずしができる矯正器具もあるので周りの目を気にせず矯正することができます。
もちろん子どもの矯正もあり、子どもが怖がらずに治療を受けられるよう工夫した小児歯科もあります。
虫歯治療も進歩しています。
かつては金歯や銀歯といった歯の色と違う被膜剤で削った歯をおおっていましたが、歯の色に近く安全性の高い素材もあり、見た目では虫歯治療をした歯かどうかわからないように仕上げることもできるようになっています。

ピカピカの歯

歯科というと虫歯ができたら行くところで、治療の痛みなど嫌なイメージのある人が多いかもしれません。
歯科では虫歯治療以外にもホワイトニングや歯列矯正などさまざまなことが行えます。
例えば、歯のホワイトニングができます。
きれいに手入れしているつもりでも歯に黄ばみや汚れが残ることがあり、ホワイトニングによって白くて健康的な歯を手に入れることができます。
歯科では薬剤を使って自分では見えないような歯の奥や歯の裏まできれいにホワイトニングができます。
歯科ですので歯石除去なども同時に行え、きれいな色の歯を手に入れることができます。

虫歯のない歯

女性が妊娠すると、産婦人科の医師や自治体から歯のメンテナンスを強くすすめられ、自治体の中には無料歯科健診を案内しているところもあります。
妊娠すると、お腹の中の子供は母親の歯からカルシウムの栄養分を吸収していきます。
その母親の歯に万が一虫歯があっては、子供が吸収する栄養分に影響があることはいうまでもありません。
そのために妊婦は早い時期に歯のメンテナンスに歯科へ訪れる必要があります。
虫歯があればそこから治療に励まなくてはなりませんが、今現在虫歯が無くても、今後も予防し続ける必要があります。
予防方法としては、まずだらだら喰いをやめることで、とくに糖分を多く含む食品は要注意で、例をあげると飴、キャンディ、チョコレートなどのお菓子です。
中でも歯にくっつくタイプのキャンディは虫歯になりやすさナンバーワンです。

ただ、だらだら喰いをせずに一度に食べてしまい、その後歯を磨けば問題なく、できるだけ糖分が口の中に長い間滞在しないように気を付けるのが虫歯予防の方法の一つです。
また、歯のメンテナンスといえばホワイトニングも一つの手段で、保険がきかず金額は安いとは言い難いですが、効果はあります。
お金をかけてホワイトニングをすることで歯を美しく保つために歯磨きを念入りにするでしょう。
そうすれば虫歯予防にもつながり、健康的な歯を持続させる効果があるのです。
ホワイトニングと虫歯治療で歯科に行くには、全然タイプの異なるメンテナンスですが、根っこではつながっており、どちらも歯を健康に保つための方法なのです。
個人的には、ホワイトニングの料金設定がもう少し低くなると、歯科に通う足取りが軽くなることでしょう。